ズワイガニ

クモ?カニ?本当はどっち?

クモガニ科のカニで、冬の味覚として名高いのがズワイガニです。
このズワイガニという名称は和名であり、学名はChionoecetes opilioで、英語名はsnow crabと言います。
和名と学名は不変ですが、このカニの通称は水揚げされる場所によって大きく変わるのが特徴です。
ズワイガニは日本海の名産品であるため、日本海に面した漁港で水揚げされ、それぞれ違う呼び名があり、ブランド名としても知られる存在となっています。
代表的なものに越前ガニがあります。
越前とは現在の福井県東部の旧国名ですので、福井県で水揚げされたものを越前ガニと呼んでいます。
もうひとつ有名な呼び名に松葉ガニがあります。
松葉ガニは本来はズワイガニとは別のイソオウギガニ科のカニで学名はHypothalassia armataですが、松葉ガニはズワイガニの別称でもあります。
島根県や鳥取県、京都府、兵庫県で水揚げされたものは松葉ガニのブランド名で出回っています。
特に、越前ガニと松葉ガニが代表的なブランド名ですが、他にもあります。
島根県の隠岐諸島で水揚げされたものは隠岐松葉ガニと呼ばれ、兵庫県の津居山港にて水揚げされたものは津居山ガニのブランド名があります。
京都府の丹後半島の間人(たいざ)漁港で水揚げされたものは、間人ガニと呼ばれ最高級品とされています。
どのブランドガニもブランドタグが付いていて、他の産地のカニと区別できるようになっています。
カニごとにタグの色が違っているため、すぐに見分けがつくような仕組みになっています。

ズワイガニ通販ランキング