ズワイガニ 紅ズワイガニ

ズワイガニと紅ズワイガニ何がどう違うの?

ズワイガニと紅ズワイガニ、この二つは名前が似ているので混同しがちです。

 

では何処がどう違うのか、幾つかの観点から見ていきましょう。

 

まずズワイガニは、水揚げされる産地の名称から松葉ガニ、越前カニとも呼ばれています。
漁期は冬で11月から3月ころです。
生息地は水深200〜400メートルの大陸棚で、小型漁船による底引き網漁で捕獲されます。
殻の中に繊維が柔らかく甘い身がぎっちりと詰まっており、お刺身、しゃぶしゃぶ、カニ鍋、天ぷら、焼きガニなどいただくのが一般的です。
高級料亭のお料理にも使用されますし、お歳暮を始め冬の贈答品としても大変人気があります。

 

次に紅ズワイガニは色から紅ガニ、紅ズワイなどとも呼ばれます。
漁期は秋から春にかけてで9月から6月ころです。
生息地は水深500〜2500メートルの深海で、ロープにカニかごをつけた漁具を海に一昼夜沈めるカニかご漁で捕獲されます。
見た目はズワイガニよりも小型で身入りが薄いです。
身は甘みはあるのですが水分も多く大味です。
そのため保存中は水分が抜けて身が細ることを予防する目的で甲羅を下にする注意が必要です。
茹でて食べるほか缶詰の原料に利用されます。
缶詰の紅ズワイガニを利用すれば手軽にカニチャーハンやカニ玉を楽しむことが出来ます。

 

さて気になるお値段です。
最近はネットでの販売も増えており値段もピンからキリですが、ズワイガニは紅ズワイガニの倍以上はします。

 

美味しくカニを食べるためには利用目的によって好みの種類や量を選ぶことが大切でしょう。

ズワイガニ通販ランキング